アジア金融転職支援情報

金融キャリア転職、求人情報ならキャリアVファイナンシャル・サーチでは、キャリアサポート情報をご提供致します。あなたのキャリアを発展させ、キャリア目標達成のためこれらのキャリアサポート情報を活用しよう。まずは多面的、複眼的な見方で現在のキャリアの棚卸を。

ASEAN共同体発足まで1年 半世紀の格差が壁に
ASEAN経済共同体が今年年末までに発足する。「モノ」の自由化は進んだが「ヒト」や「カネ」の移動はほとんど無い。域内の半世紀の経済発展の所得格差がそこにある。シンガポールとカンボジアでは5万4千ドルの差がある。半世紀の格差だ。あなたの金融キャリアはアジアで価値を有するか。いまCareer V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
集積進む製造業に関心 東南アジア株式の運用担当者に聞く ASEAN経済統合、消費財に勢い
ASEAN域内人口6億人。巨大市場での消費財が最有望。一方、製造業では中国での人件費上昇により生産拠点を東南アジアに移す動き盛ん。繊維産業や電機。さらに、銀行や医療・福祉も。あなたのアジア金融キャリアはどうか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
日本株 東南アジアに照準 三井住友アセットや野村 富裕層向け販売強化
日本のアセットマネジメントや証券が、東南アジアの富裕層向けに日本株で運用する投資信託を販売。現地の所得水準の向上に伴い、日本株の買い手としてアジアマネーの存在感が増し、日本の金融機関は収益の向上につながることを目指している。あなたの金融キャリアはアジアシフトしているか。いま、キャリアVファイナンシャルサーチのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
大手銀、中国事業を再拡大 三菱UFJ、現法を増資 みずほや三井住友も拠点拡充
3メガ銀、中国事業を再拡大。中国政府が姿勢を変化させ、緩和。中国金融市場での邦銀の存在感が増している。中国ではシャドーバンキング問題で金融システム不安定。邦銀が収益が拡大できるか不透明だが、一定の存在感を確保しておきたいというところが本音だろう。あなたの金融キャリアはアジアシフトしているか。いま、Career Financial Searchのキャリアカウンセリングで確かめてみよう。
アジアのメガ銀へ一歩 三菱UFJ、タイ大手610店を傘下
三菱UFJ銀のアジアでのメガ銀への布石は、世界金融市場でポジションを得るための第一歩。あなたの金融キャリアは、アジア金融転職市場でどのくらいの付加価値を有しているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
M&A東南アジアで最高に 日本企業成長市場に足場 今年92件
国内市場が飽和点に達している以上、東南アジアは日本企業の市場として有望。アジア地域でのM&Aが盛んなのは当然の成り行き。あなたの金融キャリアはどうか。アジアシフトで付加価値を有する旬のキャリアを獲得しよう。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめよう。
東南アジアで提携続々 有力地銀、現地行と組み収益源に
取引先が進出意欲 資金調達を支援。地銀の取引先が東南アジアに進出するのに対応して有力地銀が日本企業との提携盛ん。あなたの金融キャリアは付加価値があるか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめよう。
東アジア債券、マネー流入 9月末、残高6兆ドル超す
14%増 日米欧の緩和追い風。市場として有望な東アジアの債券にマネーが大量に流入。あなたの金融キャリアも金融転職市場で付加価値のあるキャリアを有しているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
成長資金 アジアに供給 3メガ銀・2大証券 意見交換会
インフラ整備に的 外貨調達・決済システム課題。日本の邦銀と証券が成長資金を市場として有望なアジアに供給している。あなたの金融キャリアは賞味期限切れになっていないか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
アジア地場銀 勢い
時価総額、17行が1兆円超。アジア市場が製造でも消費でも有望。そこにアジア地場銀が積極的に資金供給など多岐にわたる展開。あなたの金融キャリアはどうか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
アジアから 「日本買い」の兆し
新興国マネーしたたかに。アジアの新興国のマネーが日本企業にM&Aの攻勢をかけている。先進国日本と新興国アジアのポジションがいまや逆転している。あなたの金融キャリアはどうか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
金融ニッポン アジア市場の中で
国の数だけルール 摩擦や規制 官民で超える。日系金融機関、日本企業がアジア市場で勝負するには、国の数だけ独自のルールがあり、規制がある。単に現地に拠点を置けばよいというものではない。現地化すること、郷には郷に従え で現地にマネジメントも任せる度量が必要。あなたの金融キャリアはどうか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめよう。
アジア新興国での日本企業向け金融サービス対応を 文教大学国際学部教授 足立 茂氏
>M&Aやインフラ関連へのサービス需要取り込みを。日本の邦銀や地銀は、アジアに進出している日本企業への金融サービスとしてM&A,インフラ関連へのサービス需要にタイムリーに対応することが求められる。あなたの金融キャリアも転職市場での金融機関のニーズに対応しているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
ミドルクラス 中間層の興亡
「10億人枠」変わる主役 新興国で台頭 細る先進国。アジア市場で10億人のミドルクラスが国と企業の攻防を左右する。そこには先進国から新興国へ交代の潮流が見て取れる。あなたの金融キャリアも旬の金融キャリアニーズに対応したキャリア構築が必要。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめよう。
アジアの資本市場の発展
クロスボーダー取引の充実を。アジアの資本市場は計り知れない成長発展性を秘めている。日本の金融機関も今までの国内中心の事業戦略から脱却して広くクロスボーダー金融取引システムを構築する必要がある。あなたの金融キャリアも時勢に対応しているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。