金融系トピックス

金融キャリア転職、求人情報ならキャリアVファイナンシャル・サーチでは、金融分野のホットなトピックスをご提供します。現状を把握したうえであなたの金融キャリアを的確にブラッシュアップしていこう。

米大統領選の教訓 グローバル化 変える時 ピケティ・パリ大学経済学校教授
グローバリゼーションへの反撃。自国アイデンティティの回復。市場自由化、金融・貿易の規制緩和は、経済格差、地域格差(民族)を生んだ。グローバル化の自由主義と保護主義の自国優先策とのバランスが大切。地球温暖化など共通目標に対しては各国が貢献しなければならない。
グローバルという巨像 をバランスよく抑える。竹中東洋大教授 ダニ・ロドリック 米・ハーバード大学教授
グローバル化VS自国ファースト。英国のEU離脱、米国トランプ大統領、USA First!。グローバル化が経済格差が進み、消費の低迷、移民問題など社会不安を生み出している。単一市場として国を超えて巨像が動き回ることで、普通の国民、市民の声が反映されなくなっている。各国の事情を反映させながら、同時に世界と連関していくことが求められる。バランスを見出すことだ。
緩和マネーがじゃぶじゃぶ 国債大量購入 緩む規律
日銀による国債大量購入、マーケットに緩和マネーがあふれ出て3年半、いまだ物価上昇の目途は立たず。ここで「ヘリコプター・マネー」政策も話題に。規律が無制限に緩んである時、突然に急激なインフレに繋がる懸念は」ないか。意識が流されないようにきちんと見極めることだ。国民も安きに流されるのではなく、苦い汁を吸って耐えることが必要だ。我々が蒔いた種なのだから。
インパクト投資が高まっている 社会的課題解決&経済的利益
インパクト投資が世界で推進されている。教育や福祉など社会的な課題解決を図ると同時に経済的な利益も追及する動きだ。英国が先例、日本でも社会福祉事業や財政改革の課題でより効果があり効率のよい公共サービスが期待されている。「私」から「公」への流れは、自利を超えて利他を求める人間の本性的な動きだろう。
フィンテック 金融*IT開発加速 送金24時間化・保険料きめ細かく
金融とITとの融合による金融サービス、フィンテックが金融の日常生活の便利さに大いに貢献しようとしている。メガバンクや地方銀行で取り組みが本格化。送金24時間化や手数料引き下げへの開発やビッグデータ活用によるきめ細かな保険料化。ただ、日本のフィンテックは米国の200分の一。スピードが違い過ぎる。
4~6月 5大銀、最終益11%増 海外堅調、株売却益も。証券20社中16社増益
5大銀も大手証券グループも日経株価上昇を受けて増益基調。3メガ銀は海外事業が収益基盤。証券は投資信託預かり資産及び株式手数料収入の増加が収益に反映。あなたの金融キャリアはどうか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
「脱・ロンドン」金融大手視野 英の課税強化嫌気 EU離脱可能性懸念
ロンドン、シティで英国から離脱を考える大手金融機関が相次ぐ。金融規制やEU離脱可能性が要因。英スタンダード・チャータードや米jpモルガン・チェースなど。三菱UFJも。あなたの金融キャリアは、このような変化要因に対してどのような位置づけにあるのか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
新・金融立国アメリカ 重み増す「モノ言う株主」 経済の新陳代謝、一翼担う
アメリカではモノ言う株主、アクティビストが事業会社の新陳代謝を担う。内部組織では改革できない体質を外部が変革を求めて、企業体質改革に資する。金融ビジネスも大きく変わってきている。あなたの金融キャリアはどうか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
みずほ系、資産運用統合 16年春にも 国内最大級目指す
銀行業界では資産運用ビジネスを中核と位置づけ、再編・参入する動きがある。みずほFGが、みずほ信託、資産運用会社2社、さらにDIAMアセットマネジメントがこの統合へ。三菱UFJFGも傘下の投信2社と合併、横浜銀行も三井住友信託銀行と共同出資する。中高年を対象とした資産運用ビジネス競争で、勝利者は誰か。あなたのキャリアはどうか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
ピケティの格差、日本の格差
日本ではピケティの「21世紀の資本」旋風が吹いている。新しいものに飛びつく日本人の習性があり、さらに十分理解しないでその論調に気安く同調する傾向があり、全体を曖昧にさせる。富の格差の要因は欧米と日本では違う。別の次元の問題として把握する必要がある。そこのところを分析し、的確な判断をすることが望まれる。あなたの金融キャリアはどうか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
活況の世界M&A市場 独立系の米投資銀 存在感
世界的なM&A市場の活況の中で独立系の米投資銀が、存在感を示している。最初から最後まで専門的な助言を行い顧客を面倒を見ている。手数料シェアも2割を占める。みずほ、三井住友のメガバンクも顧客。大手銀の人材流出で人材を確保。あなたの金融キャリアはどうか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
米年金、脱ヘッジファンド カルパースなど投資見直し 高い手数料、利回り低迷
米国公的年金でヘッジファンド離れが進む。理由は、高い手数料、利回り低迷だ。米株式市場は最高値を更新しているのに、運用成績は株価指数を下回る。ヘッジファンドは淘汰の時代に入った。あなたの金融キャリアはどうか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
買収仲介 変わる勢力図 三菱UFJモルガン、連続首位へ 資金情報網強み
投資銀行業務のM&Aアドバイザリー業界地図が変わる。GSや野村証券から米モルスタを買収した三菱UFJファイナンシャル・グループ傘下の三菱UFJモルガン・スタンレー証券が首位に。銀行証券一体化で総合力が勝ちを確保。あなたの金融キャリアはどうか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
投信、個人マネー争奪戦 三菱UFJ系2投信が合併 地銀への販路拡大
大手金融グループが系列投信を合併、地銀との関係を強化して個人マネー獲得を競っている。NISAがその動きを強める。三菱UFJ,三井住友ホールディングス、野村アセットマネジメント、大和証券投資信託委託、みずほファイナンシャルグループがそれぞれ金融戦略を競っている。あなたの金融キャリアはどうか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
「社内向けIR」拡大 株価を意識、業績向上狙う
上場企業は株主やアナリストへの情報発信は欠かせないが、従業員向けの決算説明会を開いて自社の業績や経営方針を伝えることを始めた。IR担当者による社内向けIRだ。足元の社員に自社の姿を知ってもらうことは本来当然のことで、組織と個人とが一体となるステップに繋がる。あなたは自社の決算や経営方針を理解しているか。いま、Career V Finanncial Searchで自己のキャリアの立ち位置を確認してみよう。
日本で運用 4年で倍に UBSアセット 人員も今年10%増
UBSアセットが、日本での運用を拡大。アジア太平洋市場を有望な市場と位置づけ、顧客ごとのオーダーメイドな資産運用を提案する。グローバル株式、ヘッジファンド、海外不動産など代替資産に重点。特に海外不動産投資への関心から同社の誇る不動産運用で投資家の要望に副った商品を勧める方針。あなたの金融キャリアはどうか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
目覚める資本 99.6兆円 機関投資家が持つ株 運用立国へ変革ドミノ
機関投資家が株主である投資先の「会社の価値」を一緒に考える。知恵を出す株主に変わってきている。対話を通じて企業価値を高める・・。企業は稼ぐ力を、家計資産には利益を挙げる運用のプロを。プロフェッショナルが問われている。あなたの金融キャリアはどうか。いまCareer V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
大手行、収益源で実力差 三菱UFJ海外好調 みずほ・三井住友利ざや縮小、国内苦戦
メガ銀、国内利ザヤ縮小の中海外の収益源で差が出る。三菱海外好調、みずほ・三井住友利ざや減で苦戦。メガ銀、欧米の大手銀との差は大。収益源の多様化が課題。あなたの金融キャリアはどうか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
証券、顧客と長く深く 営業職70歳まで 相続相談、 女性復帰
証券が短期的な売買手数料依存から脱する狙いで専門性の高い資産コンサルタント機能を有する営業職、女性の活用を進める。預かり資産を増やし収益安定を図る目的だが、実際はまだ体質改善途上だ。あなたの金融キャリアはどうか。旧い営業体質を抱えていないか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
G20,巨大銀の規制強化 自己資本増強 米欧主導で基準案
G20,FSBが巨大銀に対してリーマン・ショックなど金融危機の再発に備えて自己資本増額や保有資産のリスク評価を厳しくする国際基準案を米欧主導で進めている。デリバティブの解約凍結や自己資本比率の2倍引く挙げる水準に。これに対して日本のメガ銀や米の大手銀が規制の阻止に共同で対抗している。あなたの金融キャリアはいま、価値を有しているか。Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
りそな銀 2年ぶり首位  大手行の健闘目立つ 日経リテール調査
銀行リテール力は、店頭窓口での接客姿勢や金融商品の説明能力、商品内容など店頭サービスと商品の充実度が高い銀行が高ランキング。りそなは店頭サービス、三井住友信託は商品力。三井住友、みずほ、三菱UFJの3メガバンクも上位に。要するに顧客視点に立ったサービスを如何に提供できるかが問われている。あなたの金融キャリアはどうか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
金融ニッポン 大手証券・メガバンク 貯蓄から投資加速
NISAで投資の流れを。成長分野へ投資。アジアなど海外事業展開。日本の証券・銀行も内外環境の変化に対応した事業戦略を進める。延長線上ではなくリスクを執って踏み出す行動が求められる。時間はひと時も待ってくれない。あなたの金融キャリアはどうか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのキャリアコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
米金融大手 収益が改善 企業向け融資堅調 7~9月市場混迷が懸念材料
米金融大手6社、バンカメ、モルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス、シティ・グループ、ウェルス・ファーゴが企業向け融資堅調、M&Aも活発で投資銀行業務が伸びた。ただ、このところ、景気の先行き不透明から金利上昇、ダウ平均下落が懸念材料。あなたの金融キャリアは変動へのリスクヘッジはしているか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
IPO、時価総額膨らむ リクルートなど大型の案件増加 リーマン後最多 年内更に30件
IPO 大型新規上場増える。IPO時価総額、リーマン後最高。ただ、3割は時価総額同等か下回っている。世界の株式市場が動揺している中、今後の見通しは?あなたの金融キャリアはどうか。いま、Career V Financial Searchでそれを確かめてみよう。
米運用の「巨人」大揺れ ピムコの債券王 グロス氏退社 実績かさ上げ?SEC調査
米大手運用会社ピムコが揺れている。債券王のグロス氏退社、SECの調査、ファンドからの資金流出、人事の動き、移籍先の株価上昇・・・。債券王の運用成績如何が、ファンド、資金、人事、債券市場、株式市場に変化をもたらしている。ものごと、常に変化する現象の証左でもある。あなたの金融キャリアはどうか、いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
みずほ賃上げ、今年2回目 来月から0.5% 優秀な人材確保
みずほグループが賃上げ実施。理由の一つは他のメガバンクに比べて給与水準が低いこと。もう一つは優秀な人材確保。賃上げに加えて人事制度見直しで若手支店長登用や優秀社員に100万円程度の手当て支給。ヒトへの処遇如何が競争市場を左右する。あなたの金融キャリアは市場価値がどうだろうか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
米量的緩和「出口」の先に FRB、資産持て余す 試練の中央銀行
世界の中央銀行は悩みが多い。こちらを立てればあちらが立たず。内外要因が複雑に絡み合う因果関係から成り立っているからだ。米FRBは世界景気を握っているのでさらに悩ましい。「出口」戦略をどのように描くのか。あなたの金融キャリアはどうか。リスクを取っているか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
ROE最大化と企業価値
米国仕込みのROEが国内で声高に躍っている。企業にとっては価値創造の大本だ。一方、株主から企業には資本コストを上回るROEの見返りを求める。米国流のROE最大化を志向するのか、それとも、ステークホルダー志向の日本型経営を志向するのか。そのバランスがいま問われている。あなたの金融キャリアはどうか。いま、Career V Financialのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
エコノミストの仕事が消える?
オックスフォード大の「雇用の未来」論文で700余の職種がコンピューターにとって代わられる確率試算。エコノミストも43%の確率で代替されるとのこと。予測が当たる確率は消費税増税で随分実績値と乖離している。人間エコのミストは大きな変化がなければ確率は高いが、今日のような激変する景気情勢にあっては、予測を当てるのはなかなか難しい。将来、エコノミストの仕事はどうなるだろうか。あなたのエコノミストキャリアはどうか。いま、Career V Financial Searchで確かめてみよう。
イスラム金融 世界で200兆円 英が国債・邦銀もサービス 東南アが仲介役
イスラム金融、東南アジアが仲介役で市場が急成長している。邦銀もイスラム金融に乗り出した。取引のルール化が今後の課題。あなたの金融キャリアはどうか。いま、Career V Financial Searchのコンサルテーションでキャリアを棚卸しよう。
外銀拠点、アジア勢台頭 総資産、5年で4倍 欧米勢は撤退相次ぐ
日本国内、アジアの銀行が27行、特に中国の銀行の台頭が目立つ。一方、欧米勢は日本での市場拡大が望めないと相次いで撤退。あなたの金融キャリアはどうか。いまCareer V Financial Searchでそれを確かめてみよう。
海外でインフラ 銀行マン走る プロジェクト融資で支援 発展に貢献やりがい
メガ銀、海外のプロジェクト融資 世界トップ。日本人銀行マンは、海外MBA留学で異文化と人脈を築き、海外銀行がPF業務から撤退した海外人材をスカウトして融資ネットワークを広げた。やはりPFを含む銀行業務は、リスクを負える感覚を有する日系・海外人材が求められる。あなたの金融キャリアはどうだろうか。いまCareer Financial Searchのキャリアコンサルティングで確かめてみよう。
M&A投資枠拡大 業績回復成長の核に リコー、3倍、日本製紙、バイオ・発電で
日本企業、海外M&A盛ん。国内市場飽和、内部留保充実から新規事業戦略や海外市場拡大を志向。リスクを負って踏み出す構えがあるか。いままでの日本企業スタイルと違って。あなたの金融キャリアはどうか。リスクをしょえるか。いま、Career V Financial Searchのキャリアコンサルテーションを通じてそれを確かめてみよう。
投資資金、東南アジアにシフト 未公開株向け、1年で倍増 中国・インド大幅減
PEファンド、未公開株投資で東南アジアにシフト。東南アジア新興企業の事業拡大にプラス。米投資ファンドKKRやウォーバーグーピンカスが大型投資。一方、中国やインドへの投資は大幅減。あなたの金融キャリアは、こうした流れに対応しているだろうか。いま、キャリアVファイナンシャルサーチの転職コンサルティングで確かめてみよう。
5大銀決算8年ぶり高水準 前期最終益2.8兆円 本業低迷、海外強化が課題
5大邦銀決算、前期高水準。本業の国内銀行業務が伸び悩み。海外部門強化、証券など貸出業務以外のビジネス強化が課題。欧米銀も復調。あなたの金融キャリアの現在価値はどうか。いまキャリアVファイナンシャルサーチのコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
主要証券が大幅増益 前期 大和、24年ぶり最高益
アベノミクス相場で野村、大和など主要証券が大幅増益。個人取引増が収益後押し。しかしながら、今年に入り株価軟調で勢いがない。変動は証券ビジネスにつきものだが、その中でどのような戦略を打ち出すかが分かれ目。あなたの金融キャリアはどうか。いまキャリアVファイナンシャルサーチのコンサルテーションで、現在価値と将来のキャリア目標をリビューしてみよう。
昨年の国際M&A実行額 新興国、先進国超える。中国、食品・エネで存在感
国際M&Aが先進国時代から新興国へ移行。特に中国のパワーがすさまじい。グローバル経済の覇権が交替していく流れだ。あなたの金融キャリアは、旬のキャリア価値を有しているだろうか。キャリアVファナンシャルサーチのコンサルテーションで現在価値とキャリア目標を確かめてみよう。
革新力 毎月1社をM&A 使う経営、価値を知る
企業の成長発展は、時間とタイミングが成否を決める。企業の歴史、規模の大小ではない。リスクを負って一歩踏み出す決断ができるか否かだ。あなたの金融キャリアは、過去の賞味期限切れに陥っていないか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
3メガ銀 最高益水準 14年3月期2兆円台半ば
3メガ銀の業績が最高益に。アベノミクス効果もあり、保有株の減損処理縮小、ETFの売却益も。不良債権残高比率の低い。一部中小企業への貸し出しも。現在世界的にも邦銀は健全で強い。あなたの金融キャリアも耐性があるか。旬のキャリアか?いまキャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
日本での投資銀人員2割増 UBS 株・債券と3本柱に インベストメントバンクCEO
スイス最大手銀UBSが東京五輪を目標にした日本企業の積極戦略に対応するため、日本での投資銀行部門を強化。投資銀行部門の人員採用を計画。あなたの金融キャリアは、旬の価値を備えているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
M&A成功の条件 成長へのリスク恐れず 文化の壁は越えられる 米GSM&A統括 ジーン・サイクス氏
日本企業が「グローバル化」の一環としてM&Aを経営戦略に取り入れる事例が増えてきた。「グローバル化」成功の大きな要因はリスクを執るマネジメントの意識革新、組織風土の生まれ変わりができるか否かだ。あなたの金融キャリアもリスクを執った旬のキャリアに生まれ変わることができるか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
金融2014証券 ここを攻める  野村 アジア展開成果示す  大和 NISA裾野広げる
野村証券は、アジアシフトをさらに展開。大和証券は、NISAの顧客層を増やす。両証券共にグローバル金融競争下、リスクを執って打って出る戦略だ。あなたの金融キャリアはどうか。成功体験は捨てて、リスクを執った金融キャリア戦略を立てられるか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
事業融資 シェア最高 3メガ銀、世界で昨年13.4%
邦銀の3メガ銀が事業融資で世界シェアを伸ばしている。事業融資は邦銀の体質に合っている。あなたの金融キャリアは、グローバル市場でどうだろうか。キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションでキャリアの現在価値を確かめてみよう。
幹部の道 外国人社員にも 私の提言 バンク・オブ・アメリカ在日代表 瀬口二朗氏
邦銀メガバンク、日系証券、外資系金融機関におけるマネジメント登用の道を日本人に限定して閉鎖的経営に陥ることなく、広く外国人社員に道を開いて、競争的風土を醸成し、グローバル金融市場での耐性を付けて行こう。あなたの金融キャリアはどうか。キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
金融ニッポン 内向きの殻 破れ 専門家養成へ 常識捨てる
我が国金融機関の内向き人事制度を打ち破って、オープンなシステムに変えて、金融スペシャリストを養成せよ。それが金融プロフェッショナルだ。あなたの金融キャリアはプロフェッショナリティを備えているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチで確かめてみよう。
銀行・証券、株高で潤う 3メガ、最終7割増益 野村、純利益1040億円 4~9月
アベノミクス効果もあり、メガ邦銀、野村など大手証券が収益を伸ばした。あなたの金融キャリアはどうだろうか。金融マーケットでの現在価値は?いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのキャリアコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
日本企業、国際M&A加速 7~9月、3兆円超に倍増 内需型、海外で攻勢
日本企業が海外企業のM&Aに積極的。特に国内市場の成長が期待できないため、内需型企業のM&Aが目立つ。あなたの金融キャリアはどうか。国内金融転職市場で賞味期限切れのキャリアであるなら、いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで付加価値のあるキャリアを確認しよう。
東京外為市場 アジア首位奪還できず 取引、シンガポール移行進む
東京外為市場のシンガポール・シフトへ。この傾向は単に外為市場に限らず、日本の規制温存によりオープンな市場にシフトしている流れ。あなたの金融キャリアも成功体験や賞味期限切れに陥っていないだろうか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで現在価値を確かめてみよう。
ベンチャーキャピタリスト 上場、起業家と二人三脚 「発掘楽しむ」銀行や大学院から転身
いま、若者はそのプロフェッショナリティやスペシャリティを既存金融組織ではなく、ホットで魅力的な金融フィールドへ転身して力を発揮している。あなたの金融キャリアは旬の味を保っているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
ファンドVS金融当局 ウォール街
ファンド対金融当局はいつの時代も対立してきた。「自由」か「規制」かで。本来、金融ビジネスは自由を追求していく。あなたの金融キャリアも市場価値を有する自由度を保っているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションであなたの金融市場価値を確かめよう。
アベノミクスと世界経済 「現状維持」最大のリスク 国際金融協会専務理事 ティム・アダムズ氏
現状維持が最大のリスク。これが企業でも個人でも同じ。あなたの金融キャリアはいま賞味期限切れに陥っていないか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションであなたの金融キャリアの現在価値を確かめてみよう。
日本企業は世界に窓開け 元米大統領補佐官 ローレンス・リンゼー氏
日本企業が閉鎖的であることを指摘。グローバル経済下、開放的なマネジメントシステム。人事制度、組織風土などすべての仕組みをリセットしてオープンシステムに移行することが求められる。あなたの金融キャリアも同じ。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションであなたの飲有キャリアをリセットしよう。
日本取引所を承認 アジア金融の中核を目指す。
デリバティブ取引を強化できるか。大阪取引所をデリバティブ取引に特化。地盤が低下している日本取引所は、アジア金融の中心を担えるか。それは、日本企業や外資進出を阻んでいる各種規制を緩和できるかにかかっている。あなたの金融キャリアも旬の市場性を備えているか。キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめよう。
メガバンク、成長へ3つの課題:海外取り込み、国内てこ入れ、グループ連携
邦銀収益力強化が急務。そのためにグローバル金融市場で通用するリスク志向の戦略転換が求められる。あなたの金融キャリアはどうか。いまキャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
グループ強化 3メガ銀動く 合計8600万人の顧客活かせ
証券・信託の商品提案。グループ連携強化策で金融サービスのデパート化を。あなたの金融キャリアはどうか。今、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで金融キャリアプランを描いていこう。
金融ニッポン、経済底上げの課題は      慶大教授 池尾和人氏
起業初期の支え手必要。日本は、起業に対して冷たい。リスクを執ることへのネガティブ意識からだ。技術、ひと、資金など全部最初から手ぞろいであることはなかなかできない。あなたの金融キャリアの強みは何か。アドバンテージは、付加価値があるか。いまキャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションでそれを確かめよう。
LIBOR不正 きしむ巨大金融
身内意識、常識狂わす。自浄作用、コンプライアンスの確立が必要。あなたの金融キャリアもいま客観的にリビューする姿勢が必要。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確認してみよう。
邦銀、欧米勢を逆転 3メガ銀上期 世界2~4位に
インフラ整備・資源開発への融資。3メガ邦銀が融資金額で欧米勢を上回る。あなたの金融キャリアも転職市場でドミナントポジションを得ているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめよう。
アジア留学生、地銀に続々
国際業務を拡充、京都銀は初採用。グローバル金融時代、アジア留学生の人材採用で、アジア地域への進出で現地化に寄与。あなたの金融キャリアはアジアシフトしているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
ベンチャー投資 1000億円超 VC20社昨年度、3年ぶり
内需型、スマホ関連へ 今年度も増加傾向。リーマンショック後の日本のベンチャー投資が回復してきた。日本でもリスクを執ったベンチャー企業を育成していこうとする機運がでてきた。あなたの金融キャリアはどうか。リスクを執った金融キャリアを有しているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめよう。
金融ニッポン 産業を支えてこそ
実業としての銀行。産業のインフラストラクチャーとしての機能を担うのが金融ビジネスの基本の一つ。本例の機能に立ち返る部分があってよい。あなたの金融キャリアをここで見直してみよう。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションでキャリア目標をデザインしよう。
米ベンチャー投資、日本の16倍
起業文化の違い映す。米国はオープンで失敗を許容し革新、創造を尊ぶ。日本は、同質社会、集団志向で、異質を排除する社会。あなたの金融キャリアは、独自性を備えているか。それは付加価値になる。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
米買収ファンド、相次ぐ上場
細る資金、多角化急ぐ。米買収ファンドがビジネス多角化路線を踏んでいる。あなたの金融キャリアはどうか。旬の付加価値を有しているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
ウォール街流転 巨大金融 袋小路に
規制と株主の圧力重く。リーマンショック後のウォール街の米巨大金融機関が規制と株主の圧力で呻吟している。2大大圧力があまり強すぎると金融機関を殺してしまう。それでは身も蓋もない。あなたの金融キャリアはどうか。金融ビジネスのセンターラインを歩んでいるか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
銀行業務 回復は本物か 連結収益力なお見劣り
規模追う買収 成果乏しく。邦銀の銀行業務による連結収益力はまだ見劣りする。あなたの金融キャリアの軸はどうか。付加価値を有しているか。いまキャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
邦銀 本業回復なお途上 前期、復調が鮮明。
邦銀が海外融資拡大に活路。ただまだリーマンショックの傷が癒えていない。あなたの金融キャリアはどうか。リスクを執れるか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
五大銀 最終損益2.3兆円 前期5年ぶり みずほFG4800億円
国債売却益、株式損失縮小。リーマンショックを経て邦銀がようやく収益力を回復してきた。ビジネスモデルを衣替えした点も寄与している。あなたの金融キャリアもリスクを執って付加価値を有しているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
米ゴールドマン 日本で再び不動産投資
4年ぶり、1000億円。米GSは金融ビジネスの基本体質を備えている。リスクを執った狩猟型体質だ。あなたの金融キャリアもリスクを執った付加価値を有しているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
損保大手、生保で稼ぐ
東京海上やNKSJなど 割安保険料で攻勢。損保、生保の相互乗り入れで生損保経営時代へ。あなたの金融キャリアは、時代の趨勢に合致しているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
貿易金融 邦銀シェア倍増 アジア太平洋1~5月
欧州銀の縮小で 三菱UFJ、貿易金融で初の首位。邦銀もアジア太平洋地域で欧州銀に比してシェアを確保するようになった。あなたの金融キャリアは金融ニーズに対応しているか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。
米ゴールドマン インド風力発電に160億円出資 新興企業傘下に 再生エネルギー投資で先行
米GS 再生エネルギー投資で先行。エネルギーのエコロジーシフトが潮流だ。あなたの金融キャリアも過去の成功体験に捉われないで旬の金融キャリアを獲得しよう。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで.
アジアでのM&A最多
グローバル経済下、アジア地域が主領域。オノ、カネ、ヒトがアジアに集結。アジアでのM&A最多の情報からグローバル金融市場の現状を把握しよう!あなたの金融キャリアもアジアシフトしてはどうか。いま、キャリアVファイナンシャル・サーチのコンサルテーションで確かめてみよう。